「Video Thumbnails」で簡単に動画のサムネイル画像をアイキャッチ画像に設定しよう【編集不要】

ホームページやブログの運営においても、YOUTUBEなどの動画はいろいろな使い方をされるようになりました。

単にYOUTUBEなどの動画の紹介をするだけでなく、動画でしか伝えきれない情報を記事の中で紹介する機会もあるでしょう。

そんな動画に関する記事を作成する際の、アイキャッチ画像の作成は少し手間になるのではないでしょうか。関連するような画像を探してきてもいいけれど、できればそのまま動画コンテンツのサムネイル画像を持ってきたい!と思われませんか。

WordPressのプラグイン「Video Thumbnails」を利用すれば画像編集不要で簡単に動画のサムネイル画像をアイキャッチ画像に持ってくることができます。

使用方法はとても簡単です。

「Video Thumbnails」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「Video Thumbnails」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

URLを入力するだけで動画のサムネイル画像をアイキャッチ画像を設定できる

設定画面は確認だけもOK

「Video Thumbnails」のインストールと有効化が完了すれば、そのままでも使うことができますが、基本の設定画面を確認しておきましょう。

WordPressのサイドバーの設定より「Video Thumbnails」をクリックします。

基本的にな設定を確認しておきましょう。

「Save Thumbnails to Media Library」では、動画から取得したサムネイル画像をWordPressのメディアファイルに保存するかどうか設定できます。

「Automatically Set Featured Image」では、動画から取得したサムネイル画像をアイキャッチ画像に設定するかどうかを設定することができます。

「Post Types」では、どんな時に「Video Thumbnails」を起動させるかを選ぶことができます。

基本的にデフォルトでチェックが入っている設定で問題ありません。

使い方はとても簡単

使い方はとにかく簡単です。

記事の投稿画面で動画のURLを貼って、公開ボタンをクリックするだけです(※公開ボタンをクリックは記事を公開できる状態にしてからするのがいいでしょう)。

編集画面の右のサイドバーに「Video Thumbnail」という箇所が追加されて、取得された動画のサムネイル画像が表示されていると思います。

もし、うまくサムネイル画像の取得ができていなければ、「Video Thumbnail」に再取得するためのボタンがあるので、再度トライしてみましょう。

そして、投稿された内容にアイキャッチ画像がちゃんと設定できているかどうかを確認しましょう。

下の画像は、テストで作成したYOUTUBEの動画から作成されたアイキャッチ画像が設定されているタイトルです。

過去も含めて一括処理もできる

WordPressのサイドバーの設定より「Video Thumbnails」をクリックして、「Mass Action」タブに進みましょう。

「Scan All Posts」では過去の動画使った記事に対してサムネイル画像の取得を一括ですることのできる機能です。

「Clear all Video Thumbnails」はこれまでに「Video Thumbnails」で取得した画像を一括で削除してくれる機能です。

編集作業不要で効率化をはかりましょう

「Video Thumbnails」を利用すれば、簡単に動画からサムネイル画像を取得しアイキャッチ画像に設定することができます。

コンテンツの内容に合わせたアイキャッチ画像を設定するのは、運営をしていると意外と手間になっていませんか。

動画に関する内容を扱うのであれば、その動画のサムネイル画像を利用するのが手っ取り早いです。

使ってみられてはいかがでしょうか。