【Twitter】ブラウザ版Twitterの言語設定を英語から日本語に変更しよう【設定をいじる前に】

Twitterの設定をスマートフォンで変更する際に、アプリではなくブラウザからの設定変更が必要な時があります。

例えば、センシティブな内容を表示させるかどうかや、一括で過去のツイートから位置情報を削除したい場合などがそうです。

アカウント作りたての時にロボットではない事を証明するための操作の時などもブラウザからのアクセスが必要になることもあります。

アプリから自動でブラウザに飛ばされることもあれば、ブラウザを開いて自分でTwitterにアクセスしなくてはならないこともあるでしょう。

そんな、ブラウザからTwitterにアクセスした時に、表示されている言語が英語で戸惑われることはありませんか?

英語に堪能なかたであれば何の問題もなく設定変更などの操作をすることができるかもしれませんが、あまり自信の無い人はまず日本語など読める言語に変更してから設定の変更などをされることをおすすめします。

というのも、よく意味を把握できていないままに、なんとなく英語の意味を読み取って設定していると、意図しない設定になってしまう可能性もあるからです。

プライバシーに関する内容を設定したり変更したりする場合は、慎重になるべきでしょう。

この記事では、スマートフォン(iPhone)のブラウザ(safari)からTwitterにアクセスした際の言語の設定の変更方法についてご紹介します。

Twitterの言語設定方法

インターネットのブラウザでTwitterにアクセスして、自分のアカウントのアイコンから、「Settings and Privacy」をタップしましょう。

そして、「Account」をタップします。

「Data and permissions」の「Language」をタップしましょう。

「Select your preferred language」の右の矢印からプルダウンで言語を選びましょう。

言語を選択して「SAVE」をタップしましょう。

以上で言語設定の変更が完了です。

設定変更をするなら言語もちゃんと変更してからにしよう

Twitterはとても便利で多くの人と繋がりを持つことのできるSNSですが、便利な反面、設定の変更を適当にしていると、自分の意図しない事になることもあります。

設定の変更は慎重にしましょう。

だからこそ、設定をする時はきちんと自分の理解できる言語で設定をするようにしましょう。

【まだパスワードの使いまわししてるの?】
【まだパスワードを使いまわしてるの?】
何かあってからでは遅い!
無料で使えるGMOグループのパスワード管理サービス
無料のシングルサインオン SKUID
スポンサーリンク