【Twitter】知人にアカウントを知られたくなければまず登録時に気をつけましょう

Twitterを登録する際に気にされる人の多いポイントは、やはりTwitterアカウントの身内ばれに関するものが多いです。

Twitterはアカウントを作成するときに、電話番号やメールアドレスを登録するので、スマートフォンの電話帳と連携してTwitterを利用しているリアルな知り合いのユーザーとつながりを見つけようとしてしまいます。

これはSNSとして人とのつながりを見つけるのにはありがたい機能ではあるのですが、Twitterを利用する人の中には自分から発信はせずに、情報収集のためだけに利用するという人もおられると思います。

情報収集のためだけにTwitterを利用するつもりが、知り合いにTwitterのアカウントを作ったことが知られてしまって、するつもりのなかったやりとりが発生することもあるかもしれません。

または、Twitterアカウントは本名で運営せずに、周りに知られずにこっそり運営したいという人であればなおさらTwitterアカウントを作ったことを知られたくないですよね。

このページは、Twitterアカウントを最初に作る際などに、Twitterアカウントと電話帳などの連絡先を連携させないために気をつけるポイントを紹介します。

アカウント作成時の注意点

Twitterのアカウントを作成する流れで、電話帳などの連絡先との連携を止めるプライバシー設定ができます。

Twitterの「アカウント作成」をクリックすると、「アカウントを作成」という画面が表示され「名前」と「電話番号」または「メールアドレス」の入力を求められます。

電話番号の登録をしたくない場合は、「かわりにメールアドレスを登録する」をクリックしましょう。

入力が完了したら、「次へ」をクリックします。

次に入力したアカウント名とメールアドレスが表示され、利用規約、およびCookieの使用を含むプライバシーポリシーへの同意に関する確認のメッセージが表示されます。

このメッセージの文末にある「プライバシーの設定」をクリックしてください。

「プライバシー」という画面に進むので、「メールアドレスの照合と通知を許可する」と「電話番号の照合と通知を許可する」のチェックを外しましょう

チェックを外したら「完了」をクリックして、先ほどの画面に戻るので「登録」をクリックしましょう。

念のため、登録後の設定も確認

念のため、登録後の設定も確認しておきましょう。

アカウントの登録が完了したら、右上の自分のアカウントのアイコンをクリックし「設定とプライバシー」を開きましょう。

「プライバシーとセキュリティ」という項目があるのでクリックして開きましょう。

下にスクロールしていくと「見せつけやすさ」という項目があるので、ちゃんとチェックが外れていることを確認してください。

アカウントを知られたくなければ一つひとつを慎重に

Twitterのアカウントを知られたくなければ、一つひとつのアクションを慎重にすすめましょう。

Twitterアカウントを作成したことを知られたくない人に、通知されてからでは後の祭りです。

慎重に慎重に進めていきましょう。

アカウントを作成してから少し経つと電話番号の登録を求められますが、一度電話番号を登録してロックが解除されたら、すぐに電話番号は消すことはできます。