【Twitter】ロボットによる操作ではないことを伝えたい方へ【操作不能】

スマートフォンの公式アプリでTwitterを利用し始めて、アカウントを作って間もない時に下のような画面が出てくることがあります。

「ロボットによる操作ではないことを確認してください」

この表示が出てきた時に、本来であればロボットによる操作ではないことを証明するための操作画面が表示される(写真が表示されて指示通りに操作したり・・・)のですが、なぜかそのための操作画面が表示されないことがあるようです。

いやいや、ロボットではないことを証明したいのに・・・。

真っ白。。。

操作する画面が出てこないとどうしようもないじゃないか!

ということになってしまいますよね。

この記事では、スマートフォンの公式アプリで操作したいのに画面が表示されなくなってしまっている場合の解決方法について説明していきます。

スマートフォンのブラウザからアクセスする

スマートフォンで操作画面が表示されない場合は、アプリからではなくスマートフォンにインストールされているSafariなどのブラウザからTwitterにアクセスしてみてください。

同じように「ロボットによる操作ではないことを確認してください」という画面に移動するので、そこで操作しましょう。

Twitterアプリに強制的に飛ばされる場合

もしブラウザからアクセスしようとしても、自動でアプリに飛ばされてしまう場合には、一度アプリを削除してしまいましょう。

おそらくこの方法が簡単でシンプルです。

それから再度ブラウザでアクセスを試みてください。

パソコンのブラウザからアクセスする

スマートフォンではなく、パソコンのブラウザからアクセスする方法もあります。

パソコンをお持ちであれば、この方法が最も簡単だと思います。

Google ChromeなどのブラウザからTwitterにアクセスすると、同じように「ロボットによる操作ではないことを確認してください」という画面に移動するので、そこで操作しましょう。

ロボットによる操作ではないことを証明できたら

ロボットによる操作ではないことの証明が完了したら、再度スマートフォンのTwitterアプリからログインをしてみましょう。

同じような確認画面はでてこなくなっていることを確認できると思います。

なぜ、このように操作できない画面が表示されてしまうのか、原因はわかりませんが、ブラウザからは操作ができるのでひとまずこの方法で乗り切りましょう。

ちなみに、その後は電話番号の登録を求められます。

下の記事で電話番号の登録について書いています。

お役に立てれば幸いです。