【Twitter】位置情報の設定方法と一括削除方法について【慎重になろう】

Twitterでは、ツイートをする時にツイートをしている現在地の情報を追加することができます。

しかし、ツイートに自分の今いる場所を表示させるかどうかの設定があることすら知らずに、ツイートをしていて、知らないうちに現在地を表示させる設定になってしまっていたということがあるかもしれません。

デフォルトではこの位置情報の表示機能はオフになっているのですが、最初によくわからずに設定を触ってしまっていて、位置情報をツイートする設定にしてしまっている可能性はゼロではありません。

自分の位置情報をSNSで表示させてしまうことにはどんなリスクが伴うでしょうか。

例えば、いつも夜な夜なツイートしている場所が同じだったらどうでしょうか。

そこがあなたの家だということを推測されてしまうのではないでしょうか。

また、あなたのツイートにいつもの場所より随分遠い場所が表示されていれば、あなたがその自宅を空けていることが知られてしまわないでしょうか。

SNSだけのつながりであれば自宅の詳細な場所まではたどりつくことはできないかもしれませんが、ちょっとした知り合いなどではどうでしょうか。。。

Twitterのヘルプセンターでもアナウンスされていますが、他の人に知られたくない場所からツイートする時には注意が必要です。

Twitterだけでなく、最近はSNSに絡んだ事件も少なくないので、不用意に自分の居場所など表示させないことをおすすめします。

では、現在地を表示させないためにはどのような設定をする必要があるのでしょうか。

また、これまでのツイートに位置情報が含まれてしまっていた場合はどうすればいいのでしょうか。

この記事では、位置情報に関する設定方法と過去のツイートに表示させてしまった位置情報を削除する方法について案内します。

位置情報に関する設定方法

Twitter公式アプリから確認する

Twitterの公式アプリから位置情報の設定を行いましょう。

自分のアカウントのアイコンをタップして「設定とプライバシー」をタップしましょう。

それから「プライバシーとセキュリティ」をタップします。

位置情報の項目に「正確な位置情報」が有効になっているか無効になっているか確認してタップしましょう。

次の画面で「正確な位置情報」を取得するかどうかの設定をすることができます。

現在地などを表示させたくない場合は、この機能をオフにしましょう。

これで、位置情報を表示させる機能をオフにすることができます。

ブラウザから位置情報の設定を変更する

紹介した設定方法は、アプリだけでなくスマートフォンやPCのブラウザからも設定することができます。

過去のツイートの位置情報を一括で削除する方法

これまでに位置情報つきでツイートしてしまった分についてはどのように対応することができるでしょうか。

これまでずっっっっと位置情報を含むツイートを表示させてしまっていた場合は少しパニックになるかもしれませんね。

ですが、ご安心ください。

過去のツイートに含まれている位置情報の表示だけを削除することができます。

過去のツイートの位置情報を削除するためには、スマートフォンまたはPCのインターネットのブラウザから処理をする必要があります。

今回はiPhoneのsafariから処理をする方法をご紹介します。

「mobile.twitter.com」から設定画面を開きましょう。

「プライバシーとセキュリティ」をタップします。

ツイートの欄に「位置情報」という項目があるのでタップしましょう。

「位置情報をすべて削除」と赤く表示されているところをタップしましょう。

下の画像のような確認画面が表示されますので、「はい」をタップしましょう。

これで、過去のツイートの位置情報の削除が完了します。

確認画面のコメントにも書かれていますが、変更が適用されるまで時間がかかることがあるようなので、少し待ってから過去の自分のツイートを確認してみましょう。

位置情報の表示は慎重に取り扱いましょう

冒頭でも書きましたが、自分の居場所をツイートすることには多少のリスクが伴います。

ですが、位置情報をSNSで共有できると言うのはとても素晴らしい機能でもあります。

この場合は有効にした方が良い、この場合は無効にした方が良いというようなことは一概には言えませんが、適切な使い方を慎重に考えて使いましょう。