「TinyMCE Advanced」でエディタを便利なものにしよう

WordPressで記事を投稿する際に使用するビジュアルエディタは、HTMLコードを気にせずに作業できるので文章の加工をするのにとても便利ですよね。

ですが、「TinyMCE Advanced」というプラグインを導入すれば、その編集エディタをフレキシブルにそして簡単なものにすることができます。

「TinyMCE Advanced」は、より表現力の高いコンテンツを提供するために、必須ともいえるプラグインです。是非導入してみてください。

設定方法はとても簡単です。

「TinyMCE Advanced」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのサイドバーのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「TinyMCE Advanced」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

使い方はとにかく簡単いつも通りでOK

「インストール」と「有効化」が済めば、あとは投稿画面のビジュアルエディタを確認してみてください。

元々のビジュアルエディタのツールバーがこちら

「TinyMCE Advanced」のプラグイン導入後のツールバーがこちら

利便性の違いはすぐにわかるはずです。

フォントの変更も楽々ですし、文字にアンダーラインを入れることや打消しラインをいれること、強調したい文字に背景色を入れることもできます。

さらに、表の作成も簡単にすることができます。

他のソフトで表を作って画像で貼りつけたり、HTMLで打ち込んだり・・・結構骨が折れます。その作業がとても簡単にできます。

簡単に表の作成がしたくてこのプラグインを入れるという人もいるはずです。

使いたいコマンドだけ選べる

ダッシュボードの設定より、「TinyMCE Advanced」をクリックしてどんな編集コマンドをツールバーに入れるか、エディターの設定をすることができます。

使いたい編集コマンドを、ドラッグアンドドロップして簡単に設置・入替をすることができます。

ビジュアルエディタのツールバーを自分好みのものにしよう

WordPressでホームページやブログの運営をする場合、記事の投稿画面の使いやすさはとても大事になります。

「TinyMCE Advanced」は思い通りの見せ方をするためのお役にたてるはずです。

HTMLやプログラミングなどよくわからない人が、記事の編集を任されてしまったりした場合には間違いなく必要なプラグインでしょう。

むしろ、このプラグインはデフォルトで入っていて欲しいくらいです。

設定も簡単ですし、使いたいものだけをツールバーに取り入れることができるので重宝するはずです。導入されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク