「WP to Twitter」を使ってTwitterとWordPressを連携させよう【タグが活きる】

WordPressでホームぺージやネットショップを運営するにあたって、SNSの活用は今やとても重要な役割を果たすことになります。

WordPressでのブログの運営をする場合となると、はてなブログやアメブロのように新着記事が投稿されたことを発信する機会がありません。少しでも運営するサイトへのアクセスアップにつなげるためにもSNSとの連携が大切になります。

代表的なSNSであるTwitterとホームぺージやブログを連携させて、認知度を高める取り組みをしましょう。

このページでは、WordPressで新しい記事を投稿した時にTwitterに自動的に投稿をしてくれるプラグイン「WP to Twitter」をご紹介します。

「WP to Twitter」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「WP to Twitter」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

Twitterと連携させる設定をしよう

ダッシュボードのプラグインより、「WP to Twitter」の「WP to Twitter Settings」クリックします。

WordPressのサイトとTwitterを連携させるための設定画面が表示されます。

お使いのTwitterアカウントで、これまでにアプリケーションの登録をしたことがない場合は、1.Register this site as an application onの続きにある「Twitter’s application registration page」をクリックして、Twitterにアプリケーションを使用するための登録をしましょう。

WordPressでの投稿をTwitterに自動的に反映させるための仕組みを使うために、「API Key」「API Secret」「Access Token」「Access Token Secret」という4つのコードをTwitterに発行してもらう必要があります。

Twitterにアプリケーション登録をする手続きについては難しいものではありませんが、登録画面が全て英語なのでそこだけ少し難しく感じるかもしれません。

Twitterのアプリケーション登録の方法については、別の記事でまとめていますので、ご確認ください(近日公開予定です)。

アプリケーションの登録と「API Key」「API Secret」「Access Token」「Access Token Secret」の発行が完了したら、設定画面の以下の項目を入力して「Connect to Twitter」をクリックしましょう。

Twitterへの投稿

次に「Basic Settings」のタブを選択し、どんな時にツイッターへ自動的に投稿させるかを設定します。

「Update when 投稿 are published Template for new 投稿」にチェックを入れると新規の投稿をした時にTwitterへ自動的にツイートすることができます。

「Update when 投稿 are edited Template for 投稿 edits」にチェックを入れると記事を編集して更新した時にTwitterへ自動的にツイートすることができます。

Twitterにどんな表示のさせ方をするか、テンプレートを作っておくことができます。

常に使うと思われる内容については、以下のパーツをコピペして入れておくと便利です。

ここで「#tags#」を入れておくと、WordPressの投稿画面で設定したタグをそのままTwitterでの投稿画面にハッシュタグとして挿入してくれます。この設定はおすすめです。

Twitterカードにアイキャッチ画像が反映されない場合

All in One SEOを使用されていると、アイキャッチ画像がTwitterカードに反映されない場合があるようです。

その場合はダッシュボードのAll in One SEOより、「ソーシャルメディア」の画像設定より「OG:Imageソースを選択」欄でプルダウンより「Featured Image」を選択します。

「設定を更新」ボタンをクリックして完了です。

使い方は簡単

WordPressの投稿画面より、右のサイドバーに「WP to Twitter」の欄が設置されているのを確認しましょう。先ほど設定したテンプレートがすぐしたにセットされているので、コピペして「Custom Twitter Post」欄に入力しましょう。

これで記事の投稿を行えば、新着記事や更新をした時にTwitterに自動的に投稿させることができます。

実際に投稿してみて画面を確認しましょう。

Twitterとの連携は難しくない

冒頭でも書きましたが、WordPressでホームページなどを運営していくにあたってはSNSの活用がとても重要な役割を果たします。

「WP to Twitter」のプラグインは投稿画面のタグを自動的にTwitterのハッシュタグにしてくれる嬉しい機能がついています。

Twitterとの連携はアプリケーションの登録手続きが必要ではあるものの、それほど難しいものではありません。使われてみてはいかがでしょうか。