「Post Snippets」のショートコードで一括編集を簡単にしよう

WordPressでホームページやブログの運営をしていると、同じような案内やキーワード・コンテンツの紹介をする機会があるかと思います。

ブログランキングなどに参加していれば、ブログの最後にブログランキング用のリンクを毎回挿入しているという方もおられると思います。

また、他にもイベントに関する案内文を記事毎に毎回イベント毎に編集して挿入しているという方もおられると思います。

それらの作業を一括で簡単にすることのできるプラグイン「Post Snippets」をご紹介します。

「Post Snippets」を利用すれば、ショートコードを入力するだけで事前に設定した内容の文章やリンク表示などを挿入することができます。

また、設定したショートコードの内容を一括で編集することもできるため、サイト内の過去の記事にも常に最新の案内を表示させたいといった要望にも応えることができます。

「Post Snippets」を利用して簡単にショートコードを導入する方法をご紹介します。

「Post Snippets」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「Post Snippets」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

ショートコードを作ろう

プラグイン一覧から「Post Snippets」のさがして「Settings」をクリックします。

新しくショートコードを作るために「Add New Snippet」をクリックします。

まず①の鉛筆マークをクリックしてどんなショートコードにするかを入力します。

そして、②の下矢印をクリックして挿入したいコードや文章などを入力します。

ショートコードと内容を入力したら、右の「Shortcode」にチェックをいれてください。

そして左下の「Update Snippets」をクリックすればショートコードの完成です。

「Post Snippets」でショートコードを挿入しよう

WordPressの投稿画面のビジュアルエディタのコマンド欄に「Post Snippets」のボタンが追加されているのでこちらをクリックしてください。

先ほど、設定画面で登録したショートコードを選択して「Insert」をクリックします。

すると、設定したショートコードが[]で囲われて表示されるはずです。

その後、プレビューをご確認ください。

設定画面で入力したHTMLや文章が挿入されていると思います。

「Post Snippets」を利用した一括編集で楽をしましょう

記事に追記するような毎回同じ文章やリンク先を挿入したりする場合だけでなく、時期によって内容を変える場合には、ショートコードを利用した一括編集が特に楽です。

記事をストックしていくタイプのホームページ運営をされていればなおさらだと思います。

記事自体は随分前に書いたけど、最新の情報を最後に入れたい場合など、「Post Snippets」のショートコードの内容だけを編集すれば良いので情報更新がとても楽になります。

「Post Snippets」を導入されてみてはいかがでしょうか。