「Pixabay Images」でPixabayから簡単に画像ファイルを挿入させよう【もっと早く知りたかった】

ホームページやブログの記事の編集では、アイキャッチ画像を始め、記事の中にイメージファイルを挿入したりと、画像ファイルを使用する機会が多いと思います。

画像ファイルを使用するにあたっては、自分で撮影した写真や作成したデザインを使用されることがあるかもしれませんが、場合によっては画像ファイルを提供してくれているサイトからダウンロードして使用されるケースもあると思います。

私がお世話になってる画像ファイルを提供してくれているサイトに、「Pixabay」というサイトがあります。

Pixabay」で提供される画像ファイルの使用については下記のように説明されており、フリー素材として多くの人に使われています。

Pixabayは著作権のない画像や動画を共有する、活気のあるクリエイティブコミュニティです。すべてのコンテンツはクリエイティブコモンズCC0の下で公開されています。これにより、たとえ商業目的であっても、許可を求めたりアーティストに信用を与えることなく安全に使用できます。

ー「Pixabay_よくある質問_Pixabayとは?」より

そんな「Pixabay」の画像ファイルをWordPressのメディアファイルとして使用する場合、通常であれば画像ファイルを一度ダウンロードして、WordPressにアップロードするという流れになります。

しかしこの流れで進めていくと、自分のPCに保存するファイルがどんどん増えていってしまいますし、画像ファイルをダウンロードする際には「reCAPTCHA」の処理が必要になる(登録していない場合)ので少し手間がかかってしまいます。

アイキャッチ画像などの画像ファイルの選定は大事にしないといけませんが、なるべくスムーズに処理していきたいですよね。

そんな悩みを解決してくれるWordPressのプラグインが「Pixabay Images」です。

このプラグインを導入していれば、「Pixabay」から画像を挿入する作業がとても楽になります。

「Pixabay Images」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのサイドバーのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「Pixabay Images」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

簡単な設定をしておきましょう

WordPressのサイドバーの設定より「Pixabay Images」をクリックして簡単に設定を確認しておきましょう。

「SafeSearch」は過激な画像や不適切な画像など排除してくれるので、チェックを入れておいた方が良いと思います。

「Attribution」のチェックは画像を挿入した時にクレジット表記をさせるかどうかを選択できます。チェックを外しても問題ありません。

「Button」は記事の投稿画面に「Pixabay Images」に挿入ボタンが追加されるものなのでチェックを入れておいた方が良いでしょう。

「変更を保存」をクリックして、設定を完了させましょう。

投稿画面でPixabayから画像を挿入してみましょう

下記の「Pixabay」ボタンをクリックしましょう。

検索ボックスに挿入したい画像のキーワードを入力して、自分のイメージに合う画像を探しましょう。

画像をクリックすると下記のようにメディアライブラリに保存された旨、表示されます。

画像をクリックするだけで、WordPressのメディアファイルに保存されるのがとても便利なところです。

下にスクロールしていくと、挿入するにあたっての画像ファイルの詳細を入力することができます。

タイトルの設定やキャプション(画像のコメント)などもすることができます。

キャプションは画像の説明として表示されてしまうので、削除していしまっても問題ありません。

画像ファイルにリンクを挿入することもできます。

「アイキャッチ画像として使用」をクリックすると、投稿画面のアイキャッチ画像として設定することができます。

設定が完了したら「すべての変更を保存」をクリックしましょう。

便利な「Pixabay」をもっと便利に使おう

ホームページやブログを運営するにあたって画像ファイルの使用はとても大事なことです。

Pixabay」から画像を使用することができるのはとても便利ですし、「Pixabay Images」を使用すればさらに便利に利用することができます。

このプラグインはもっと早く知りたかったという人も多かったりします。

使用感を試してみてはいかがでしょうか。