「Broken Link Checker」を利用してサイト内のリンク切れを失くそう

ホームページやブログをWordPressで運営している時に、記事の中にリンクを貼られることがあると思います。誘導したいリンク先がある場合や、参考になったサイトとして紹介したい場合にはリンクを貼る作業はよく発生します。

しかし、そのリンク先がなんらかの理由で、自分の知らない間にリンク切れになっている場合があります。

記事の構成や内容がしっかりとした記事でも、貼っているリンクをクリックした時にリンクが切れていたらいかがでしょうか。

閲覧者からすると、情報の更新がされていないイメージを持たせてしまいます。

それはホームページやブログ全体へのイメージ悪化につながります

記事を更新していけばしていくほどサイト内に作られるリンクは増えていくので、なかなか定期的に全てを自分でチェックしていくのは難しいと思います。

そこで約に立つのが「Broken Link Checker」というプラグインです。

「Broken Link Checker」を利用すれば、定期的にサイト内のリンク切れをチェックしてくれて、リンク切れの表示やメールでの報告までしてくれます。

「Broken Link Checker」の導入と表示イメージをご紹介します。

「Broken Link Checker」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「Broken Link Checker」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

「Broken Link Checker」の機能を確認しよう

プラグインのインストールと有効化が完了すると、ダッシュボードの設定から「リンクチェッカー」を開くことができるようになっています。

切れているリンクがあると、「ステータス」にリンクエラーの数が表示されます。

以下の画像のようにリンクエラーがあると検出してくれます。(1つは元々テスト用に存在しないリンクを貼っていたのですが、もう1つは本気エラーです。)

「○個のリンクエラーを発見しました」をクリックすると、リンクエラーの詳細を確認することができます。

そしてチェックの結果、リンクが切れている場合には、該当するリンクに対して横線を引くなどの編集も自動でやってくれます。

以下のように自動で編集を加えてくれます。

また、リンクが切れてしまった時にメールで知らせてくれる機能もあります。

リンクが切れを無くしてサイトのイメージ悪化を防ごう

やはり、サイト内のリンク切れはそのまま放置してしまうと、閲覧者がクリックした時にあなたのサイトのイメージの悪化につながります。

「Broken Link Checker」を利用してサイト内のリンク切れを失くしましょう

定期的にリンク切れをチェックしてくれるので、非常に重宝しますので常に利用したいところですが、このプラグインをインストールしてWordPress自体が重くなってしまうことがあります。

常にリンク切れに注意したい場合にはそうもいかないかもしれませんが、「Broken Link Checker」を利用する都度インストールしてチェックしても良いかもいれません。

リンク切れにのイメージ悪化を避けていきましょう。