「Post Expirator」を利用して記事の公開期限を簡単に設定しよう

WordPressのホームページやブログで、イベントやトピックの案内などを期間限定で公開したい場合、イベントなどが終了してその期限が到来した時には、自分で記事の設定を「非公開」に設定する必要があります。

期間限定でのイベントなどの案内や記事を度々追加される場合には、その期限がくる度に「非公開」に設定しなおす必要がでてきます

これを忘れてしまうと、既に終了したイベントやキャンペーンの案内がそのままになってしまったり、現況とは違う内容の記事を放置してしまって読者をミスリードしてしまう可能性があります。

期間限定であることが事前にわかっている場合には、「Post Expirator」というプラグインを利用することで簡単にそういった事態を避けることができます。

「Post Expirator」の利用方法はとても簡単です。

「Post Expirator」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「Post Expirator」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

「Post Expirator」の設定方法はとても簡単

投稿ページに「Post Expirator」欄が右のサイドバー、アイキャッチ画像の設定の下辺りに追加されていると思います。

その記事に期限を設定して、期限になった時にどのような処理をするかを設定することができます。下書きに戻したり、非公開にしたり、間違えないように削除したりもできます。

以下のイメージの設定では、期限になった時にカテゴリーを「未分類」に置き換える設定にしました。

カテゴリーを置き換え直すのであれば、サイト内に記事の蓄積をさせることもできますし、見せ方によっては過去に開催したイベントなどの紹介にもなるかもしれません。

ダッシュボードのメニューより設定の「Post Expirator」をクリックすると表示方法などを設定することができます。そこで、その記事が期間限定であることを事前に告知しておくことも可能です。

期限切れの記事の放置を未然に防ぎましょう

既に終了しているイベントの告知や期限付きの内容の記事をそのまま放置すると、ホームページや会社などへの不信感につながるケースもあります。

細かいことではありますが、こういったことを徹底するのは大事なことだと思います。

「Post Expirator」の導入・設定はとても簡単です。

設定のし忘れなどで小さなヒューマンエラーを起こさないよう、「Post Expirator」を導入されてはいかがでしょうか。