「EWWW Image Optimizer」で画像ファイルを圧縮しよう【表示速度を改善】

調べものなどで色々なホームページやブログを閲覧していて、読み込みが遅いページを飛ばした経験は誰にでもあると思います。

ちゃんとページが開くまで待つことのできる人もいますが、ページが開くのがあまりに遅いとブラウザの戻るボタンで戻ったり、ブラウザそのものを閉じたりされることもあります。

GoogleChromeなどのブラウザに(応答なし)と表示されると、しようとしていた作業なども止まってしまいます。これは意外とストレスになってしまうこともあります。

今はいろんな事で早いレスポンスを求められる時代です。それはホームページにおいても然りです。

ホームぺージやブログの読み込みが遅くなる要因の一つに、そのぺージに貼られているメディアファイル画像ファイルの容量が大きいことがあげられます。

メディアファイルを貼り付けることでコンテンツの内容を分かりやすくしたりすることは、閲覧者のためになることなので良いことなのですが、それでぺージが重くなってしまうのはなるべく避けたいですよね。

WordPressでサイトの運営をされているのであれば、プラグイン「EWWW Image Optimizer」を利用することで、画像ファイルの容量を圧縮することができます。

「EWWW Image Optimizer」の設定はとても簡単です。

「EWWW Image Optimizer」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「EWWW Image Optimizer」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

設定はとても簡単

ダッシュボードの設定より、「EWWW Image Optimizer」をクリックします。

「Basic」タブの上から3番目「Remove Metadata」にチェックが入っていることを確認しましょう。

次に「Convert」タブをクリックして、「コンバージョンリンクを非表示」にチェックを入れましょう。

「変更を保存」ボタンをクリックするのも忘れないようにしましょう。

この設定をすることで不必要に画像ファイルを変換され画質が下がってしまうのを防ぐことができます。

過去の画像ファイルを一括で圧縮しよう

これからアップロードする画像ファイルについては、「EWWW Image Optimizer」が自動的に機能して画像ファイルを圧縮してくれます。

これまでにホームぺージにアップロードしてきた画像ファイルについては、一括で圧縮することができます。

ダッシュボードのメディアより「一括最適化」をクリックします。

最適化されていない画像ファイルの数が表示されていると思います。

「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。

既にアップロードした画像ファイルの数によってはかなりの時間がかかるかもしれません。

サーバーに保存されている画像ファイルが圧縮された結果を確認しましょう。

ダッシュボードのメディアより、「ライブラリ」を開くと、画像ファイルの横に画像最適化された旨が表示されているはずです。

画像ファイルを圧縮して表示速度を上げよう

「EWWW Image Optimizer」のプラグインを利用することで画像ファイルを圧縮することで、ホームぺージの表示速度を上げることができます。

ホームぺージの表示速度が遅いとユーザビリティを下げてしまうことになります。せっかく見に来てくれた人がすぐに離れていってしまいます。

コンテンツの内容を充実させたくて画像ファイルをたくさん盛り込んでも、見てくれないことには始まりませんからね。

「EWWW Image Optimizer」の設定はとても簡単ですし、表示速度を上げることはとても大事なことですから、使ってみられてはいかがでしょうか。