Googleの「reCAPTCHA」のAPI keys取得はとても簡単【私はロボットではありません】

Googleの提供するサービスである「reCAPTCHA」を利用するための登録の流れを説明しておきます。

「reCAPTCHA」はプログラムを利用したアクセスを防ぐために利用されているサービスで、WordPressではスパム対策や不正アクセスを防ぐために利用されていることが多いです。

問い合わせやログインをする際に「私はロボットではありません」という項目にチェックを入れさせることで、プログラムを利用したスパムの送信や不正アクセスをさせないように対策をとることができます。

当サイトでも「reCAPTCHA」を利用したスパム対策のためのプラグインをご紹介しています。

しかし、プラグインでGoogleの「reCAPTCHA」を利用するためには「API key」の取得が必要になり、取得するためには「reCAPTCHA」を利用するサイトの情報などを登録しなくてはいけません。

Googleの「reCAPTCHA」の登録は決して難しくありませんので、このページで簡単に説明をしておきます。

※Googleアカウント必須になりますので先に取得しておきましょう。

「reCAPTCHA」の利用登録をしましょう

まず、Googleの「reCAPTCHA」のサイトへアクセスしましょう。

Google reCAPTCHA(https://www.google.com/recaptcha)

「My reCAPTCHA」をクリックしましょう。

Googleの「reCAPTCHA」を利用するサイトの情報を登録しましょう。

「Label」は任意の名前を付けられます。「reCAPTCHA」を利用するサイトの名前が適当かと思います。

「Choose the type pf reCAPTCHA」は「Checkbox」を選択しましょう。

「Checkbox」を選択すると「Domains」の欄が出ますので「reCAPTCHA」を使用するサイトのドメインを入力しましょう。

「Accept the reCAPTCHA Terms of Service」は利用規約に当たるものなので確認してからチェックをいれましょう。

「Register」をクリックして登録を完了させましょう。

審査などがあるわけではないのですぐにkeyの発行が行われます。

「keys」の欄を確認しましょう。

「Keys」と「Secret Key」が発行されているはずなので、「reCAPTCHA」を使用するプラグインの必要に応じてコピペして利用しましょう。

スパム対策やプログラムからのアクセス対策にはかなり有効

「reCAPTCHA」は、スパム対策やプログラムからのアクセス対策にはかなり有効です。

WordPressのプラグインでも「reCAPTCHA」を利用したスパム対策やセキュリティ関連のプラグインはとても多いです。

利用するにはGoogleの「reCAPTCHA」の登録が必要ですが、面倒がらずにやる価値があると思います。