「Better Delete Revision」を使ってリビジョンを削除しよう【データベース最適化も】

WordPressでホームページやブログを運営していると、記事を投稿する前に時間をかけて下書きを作成したり、記事を投稿した後から更新をされることがあると思います。

投稿する前の下書きを作ったり記事の内容を修正したり追記したりと、良い記事を作るために記事をブラッシュアップするために更新作業を度々される方もおられると思います。

この更新作業ですが、する度に「リビジョン」という項目のカウントが増えているのにお気づきでしょうか。

「リビジョン」の機能は、WordPress内で下書きなどの記事の内容を更新した時に更新履歴を保存してくれているもので、万が一更新したものの前の状態に戻したいとなった時のためにあるものです。

この機能は素晴らしいものですが、下書きも含め更新情報が保存されているというのは、少なからずデータベースに負担をかけることになります。これがたまり過ぎると、ホームぺージの表示速度の遅延などのパフォーマンスの低下につながる可能性もあります。

WordPressのプラグイン「Better Delete Revision」を利用すればそんな「リビジョン」によって保存されたデータを一括で削除することができます。

また、同プラグインでデータベースの最適化もすることができます。

プラグインの利用方法はとても簡単です。

「Better Delete Revision」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「Better Delete Revision」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

リビジョンを一括で削除しよう

まず先に留意点として「Better Delete Revision」はデータベースを直接編集し削除してしまうので、念の為にデータベースのバックアップを取っておかれることをお勧めします。

バックアップの取得が完了したら、サイドバーの設定より「Better Delete Revision」をクリックします。

「Better Delete Revision Manager」という画面が開きますので、「Check Revision Posts」をクリックします。

するとこれまでに作成されたリビジョンが表示されます。

下までスクロールすると削除の対象となるリビジョンの数も書かれている「Yes,I would like to delete them!」というボタンをクリックします。

以上でリビジョンの一括削除が完了しているはずです。

また、「Optimize Your Database」をクリックするとこれまでにWordPressで利用してきたデータベースの最適化をしてくれます。

不要なリビジョンは定期的に消しておきましょう

「Better Delete Revision」を利用すれば、不必要にデータベースを圧迫させている可能性のあるリビジョンを簡単に削除することができます。

最新のものに更新できてるんだからもうリビジョンは必要ないという場合は定期的に利用しても良いのではないでしょうか。

利用される場合は、念の為にデータベースのバックアップ保存をしておかれるのをおすすめします。