「Q2W3 Fixed Widget」でウィジェットを固定させよう【チェックを入れるだけ】

WordPressでサイトを運営する場合、サイトのコンテンツを充実させることだけでなくサイドバーのウィジェットにも気を使われていると思います。

それは、ショップであれば営業カレンダーを表示させておられるかもしれませんし、サイト内の別のおススメ記事を紹介するために使われているかもしれませんし、人によってはアフィリエイトのために広告を表示させているという方もおられるでしょう。

しかし投稿した記事の内容が長い場合、画面を下にスクロールして行くことでサイドバーに設定したウィジェットを見てもらうことができないという現象が起こってしまいます。

コンテンツの内容を充実させたばかりに、ウィジェットが活用されなくなってしまっていくというのはもったいないです。

プラグイン「Q2W3 Fixed Widget」を利用すれば、設定したサイドバーの指定したウィジェットを固定させることができます。

設定方法もとても簡単です。

Q2W3 Fixed Widget」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「Q2W3 Fixed Widget」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

固定するウィジェットの配置を考えましょう

プラグインのインストールと有効化が完了したら、さっそくウィジェットの設定を行いましょう。

WordPressサイドバーの外観より「ウィジェット」をクリックしましょう。

「ウィジェット」に「Fixed widget」の項目が追加されているはずです。

チェックを入れれば、そのウィジェットをスクロールしていっても固定させることができます。

「保存」をクリックして動きを確認してみましょう。

もし固定したウィジェットがフッターにかかってしまったら

もし、固定したウィジェットの内容が長い物でフッターに被ってしまう場合は設定から調整をすることができます。

WordPressサイドバーの外観より「Fixed widget 設定」をクリックしましょう。

「一般設定」の「下マージン」の数値がデフォルトの設定では「0px」になっているので400くらいに設定すればたいていフッターに被ることをさけることができるでしょう。

もしスマートフォンでの表示がおかしかったら

もし、スマートフォンなどのモバイル端末で表示を確認してみて、動きが不自然だったりうまく表示されていなかったりする場合は、「一般設定」より「幅を無効化」の数値を設定しましょう。

デフォルトの設定では「0px」になっていますが、「1000px」くらいに設定すればモバイル端末で、このプラグインの動きを無効にすることができます。

せっかく設置したのだから活かしましょう

ウィジェットの設定はサイトの目的に応じて、いろいろなものが設定されていると思います。

それなのに、コンテンツを充実させたがためにウィジェットがスルーされてしまうというのはもったいないです。

プラグイン「Q2W3 Fixed Widget」を利用すれば、簡単に設置したウィジェットを固定させることができます。

利用されてみてはいかがでしょうか。