「Shortcodes Ultimate」で記事の中に簡単にスマートなパーツを挿入しよう

WordPressでサイトの運営していくにあたって、記事の内容を吟味していくのはもちろんですが、記事の見せ方やデザインなどについても時間をかけて作成しておられるのではないでしょうか。

しかし、HTMLやCSS、デザインなどの知識がない場合は、どうしても記事の表現方法が限られてきます。

そんな、HTMLやCSSの知識がなくても記事の見せ方を良くすることのできるプラグインが「Shortcodes Ultimate」です。

「Shortcodes Ultimate」には50のショートコードが設定されていて、それらを利用することで、デザイン性に優れた見栄えするパーツを挿入することができます。

このページではその一部を紹介します。

「Shortcodes Ultimate」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「Shortcodes Ultimate」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

「Shortcodes Ultimate」で何ができるか見ておこう

プラグインのインストールと有効化が完了すると、WordPressのサイドバーに「ショートコード」というメニューが追加されているはずです。

「Available shortcodes」をクリックすると、「Shortcodes Ultimate」で何ができるのかが一覧で表示されます。

それらをクリックすると、どんなパーツを作ることができるのかプレビューを見ることができますし、ショートコードも紹介されています。

実際にいろいろ使ってみましょう

いつもの投稿画面を開くと「ショートコードを挿入」というボタンがエディタに追加されていると思います。

「Available shortcodes」ですることのできる内容がアイコンと一緒に表示されますので、使用したいパーツをクリックしましょう。

パーツボタンを選択するとそのパーツの設置に必要な項目が表示されます。

説明は日本語でされますので、分かりやすいと思います。

もしわからないとしても、パーツのプレビューをすぐに確認することができるので色々と設定して確認してみましょう。

以下に例としてパーツのイメージとショートコードをあげていきます。

ラベル

ラベルを付けることができます。

ショートコード

ボタン

ボタンを設置することができます。

デザインはいろいろ設定できます。

スポイラー

スポイラーというパーツを設置することができます。

テキストを通常非表示にしておいて、クリックすると表示されるようなパーツを設置することができます。

ツールチップ

ツールチップというパーツを挿入することができます。

カーソルを文章の上に合わせると吹き出しのようなコメントを表示させることができます。

知識不要で記事の装飾をスマートなものにしよう

プラグイン「Shortcodes Ultimate」を利用すればHTMLやCSSの知識がなくてもスマートな見栄えのする装飾をすることができます。

利用できるショートコードは50ありますので、色々と設定してみて試してみましょう。

CSSの知識があれば各パーツの設定をさらに細かくすることもできるので、勉強しながら設定してみるのにも良いかもしれませんね。

利用されてみてはいかがでしょうか。