「Search Regex」で置換作業を一括でやってしまおう【SSL化の際にも慎重さは必要】

WordPressでブログやホームページを運営されていて、昨今のSSL化に対応することになると、これまでに投稿してきた記事の中に貼ってきたサイト内のリンクをさかのぼって編集する必要がでてきます。

SSL化に対応する際だけでなく、これまでにホームページで紹介してきた商品の価格変更をする場合や商品名そのものを一括で変更する場合にもこのプラグインが役に立つのではないでしょうか。

こういった場合、これまで記載してきたURLや記載内容を全て編集するのは大変です。

また、一つひとつテキストを探してやっているとどうしてもヒューマンエラーが起こってしまうこともあります。

そんな時に活躍してくれるプラグインがあります。

サイト内の指定したテキストを別の指定したテキストに置換してくれるプラグイン「Search Regex」です。

設定もする必要がなくすぐに利用することができます。

「Search Regex」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのサイドバーのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「Search Regex」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

「Search Regex」を実際に使ってみましょう

プラグインのインストールと有効化が完了すれば、設定などは必要ありません。

WordPressのサイドバーのツールより「Search Regex」をクリックしましょう。

この画面で置換の作業をしていくことになります。

「Source」欄で置換する対象を選択しましょう。記事の内容や記事のタイトル、URLなどを選択することができます。

次に「Search pattern」と「Replace pattern」を設定します。

「Search pattern」には、置換の対象となるテキストを入力します。

「Replace pattern」には、置換するテキストを入力します。

当サイトをSSL化に伴って記事のURLを変更する場合は上記のようになると思います。

注意点ですが、くれぐれも「http」⇒「https」とだけ置換するような入力をしないようにしましょう。変更するドメインだけを指定するようにしましょう。

他の外部リンクなども全て書き換わってしまいます。

今回、当サイトでは「WordPress」を「Wordpress」と入力していしまっている記事があることが判明したため、以下のような置換を実行してみます。

「Search」をクリックしましょう。

該当のテキストが何件見つかったかが表示されます。

次に「Replace」をクリックするとどのように置換されるかを確認することができます。

表示の確認をして問題なければ、「Replace&Save」をクリックしましょう。

以下の表示が出れば置換が完了です。

置換作業はとても簡単!だからこそ・・・

WordPressのプラグイン「Search Regex」を利用すればとても簡単に置換作業を一括ですることができます。

ですが、だからこそ置換作業は慎重にされることをお勧めします。

心配であれば事前にバックアップを取得しておく方が良いかもしれません。

置換作業というのは、ヒューマンエラーが起こりやすい作業なので、できればこうしたプラグインを利用した方が確実です。

慎重さは必要ですが、便利なので使ってみてはいかがでしょうか。