「Image Widget」でサイドバーにイメージ付き自己紹介を挿入しよう

WordPressで運営されているホームページやブログのサイドバーに、サイト運営者などの自己紹介を設定されているでしょうか。

どんな人がそのサイトを運営しているのかをユーザーに公表することで、書かれている文章に説得力が出たり親近感を持ってもらうことができるようになります。

WordPressでサイドバーに自己紹介やプロフィールを表示させるにあたっては、自分の写真やイメージとなる画像を挿入させたいところです。

HTMLの知識をお持ちであれば簡単な作業かもしれませんが、そうでない方からするとどうやっていいやら・・・となってしまうと思います。

ですが、WordPressのプラグイン「Image Widget」を利用すれば、サイドバーに写真や画像付きの自己紹介を簡単に表示させることができます。

「Image Widget」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「Image Widget」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

サイドバーに画像ウィジェットを追加しましょう

プラグインのインストールと有効化が完了したら、特に設定などは必要ありません。

WordPressサイドバーの外観よりウィジェットをクリックします。

追加することのできる、ウィジェットの中に「画像ウィジェット」が追加されているはずなので、クリックしてサイドバーウィジェットを追加しましょう。

まずは画像を設定しましょう。

画像を選択すると、サイドバーに表示させる内容を入力する画面が開きます。

「タイトル」にはプロフィールや自己紹介などの表現がわかりやすいと思います。

「代替テキスト」にはalt属性の入力をすることができます。

「キャプション」には自己紹介の内容を入力しましょう。

この「キャプション」は、自由に書くことができるので、TwitterなどのSNSの関連ボタン一緒に設置されても良いかもしれません。

下にスクロールしていくと、表示させた画像には「リンク」を張ることができます。

「Link Title」は、カーソルが画像にあった時に表示させることのできるコメントを設定できます。詳細はこちら~というようなコメントが良いかもしれません。

挿入した画像のサイズによっては、フルサイズで表示させると思ったような表示にならないこともあります。

その際は、「サイズ」よりプルダウンでサイズを選べますし、カスタムで自在に設定できるので、いろいろためしてみてください。

配置は画像をサイドバー上でどちらに寄せるか選択することができます。

「保存」をクリックして、表示される自己紹介を確認しましょう。

自己紹介で閲覧者に親近感をもってもらいましょう

冒頭でもお伝えしましたが、閲覧しているサイトをどんな人が運営しているのかを、閲覧してくれているユーザーに伝えることは、サイトの内容の信頼性や運営側への親近感を向上させることにもつながります。

HTMLなどの知識がなくても「Image Widget」を利用すれば、サイトを運営する側の画像やイメージ付きの自己紹介を簡単に挿入させることができます。

利用されてみてはいかがでしょうか。