「The Events Calendar」で簡単にイベントカレンダーを設置しよう

ホームページやネットショップを運営していて、営業日やキャンペーン、イベントに関するお知らせをするためにカレンダーを設置出来たら便利だと思いませんか。

文面で知らせるだけでなく、カレンダーで表示すれば日程を勘違いしていたりすることを抑制することにもつながります。

WordPressのプラグイン「The Events Calendar」を利用すればイベントの詳細をきれいに表示させることのできるシンプルなカレンダーを設置させることができます。

「The Events Calendar」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのサイドバーのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「The Events Calendar」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

イベントを作成しよう

「The Events Calendar」のインストールと有効化が完了すると、WordPressのサイドバーに「イベント」が追加されています。

早速、「イベント」から「新規追加」をクリックしてイベントを作ってみましょう。

通常の記事の投稿画面と同じような画面が表示されます。

イベントの名前とイベントの詳細について記入しましょう。

下にスクロールしていくと「The Events Calendar」の日時や場所などを表示させる設定をすることができます。

イベントの「場所」を設定しましょう。

「主催者」についての設定もすることができます。

イベントの担当者や連絡先などを記入することができます。

イベントの詳細について、別途ページを作成されている場合は、「イベントWEBサイト」に入力しましょう。

「イベント参加費」が必要な場合は記入しましょう。

無料イベントの場合、未記入であれば非表示にできますが「FREE」と記入しても良いかもしれませんね。

「いくらか費用が必要なの?」等の問い合わせが来ないようにするためにも無料であることの表示が適切な場合もあるでしょう。

ここまで記入が完了すれば、いつもの記事の投稿と同じように公開ボタンをクリックすればイベントの作成が完了します。

イベント画面を設置しましょう

現状のままでは、イベントのページがあるものの閲覧者がイベントページに行くことのできる方法がありません。

しいて言えばあなたのWordPressのサイトURLに「https://URL/events」と入力すれば閲覧できますが、誰もみつけることはできないでしょう。

ですので、イベントカレンダーを簡単に確認してもらうために、メニューなどにカレンダーボタンを追加するのを忘れないようにしましょう。

WordPressのサイドバーの外観より「メニュー」をクリックして、メニューの編集を行いましょう。

これで、ユーザーがイベントカレンダーのページを確認しやすくなるでしょう。

登録したイベントを確認しましょう

デフォルトの設定のままでも問題ないとは思いますが、一応イベントがどんな形で表示されているかを確認しておきましょう。

先ほど設定したメニューからイベントカレンダーを表示してみましょう。

カレンダーが表示され、登録したイベントにカーソルを合わせるとイベントの内容が表示されると思います(※表示させるサンプルとして登録しているイベントです。実際にはありません。)。

さらに、イベントをクリックすると登録した詳細の画面を開くことができます。

住所を登録していればGoogle mapで地図も表示してくれます。

イベントカレンダーなどが使われているテーマとの相性で表示がうまくされなかったりする場合は、「The Events Calendar」の設定を変更しましょう。

WordPressのサイドバーのイベントより「設定」をクリックして「ディスプレイ」タブを選びます。

「イベントテンプレート」欄がありますので、いくつか試してみると良いかもしれません。

イベントの表示で時間が表示されない場合

イベントの登録をしたものの、日にちの表示しかでずに、時間の表示がされないことがあります。

その場合は、WordPressのサイドバーの設定より「一般」をクリックして、「時間フォーマット」の設定を確認しましょう。

「カスタム:ブランク」が設定されていると、イベントで時間の表示をさせることができません。

イベントカレンダーは業種によっては必須

イベントカレンダーの設置は、ショップを運営されている人やイベントを開催する機会の多い企業にはとても重要な役割を果たすと思います。

もちろん、営業日に関するアナウンスだけでなく、イベントやキャンペーンの告知をすることもできるのでとても便利です。

設定も難しくありませんし、シンプルで使いやすいので導入してみてはいかがでしょうか。