「Throws SPAM Away」で海外SPAMをばっさり切り落とそう

ホームページやブログを運営してある程度期間が経つと、さまざまなところからアクセスが発生します。

経験をされたことのある方もおられると思いますが、海外からアクセスからSPAMコメントがついてしまうことがあります。

そんなSPAMコメントがきても、表示されないように設定しているし、もちろんSPAMを踏んじゃうなんてへまはしない、そもそもちゃんと見ていないという人もいるでしょう。

ですが、SPAMコメントなんてそもそもスルー出来ればそんなことを考えなくてもよくなりますよね。SPAMコメントから少なからずストレスを感じているという人もいると思います。

WordPressのプラグイン「Throws SPAM Away」を使用すれば、日本語が含まれていないコメントをスルーすることができるようになります。

この設定をすることで海外からのSPAMやURLだけ送られてくるようなコメントをスルーすることができます。

「Throws SPAM Away」には、他にもSPAMコメントをスルーするための設定がいくつか準備されています。

「Throws SPAM Away」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「Throws SPAM Away」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

SPAMをスルーするための設定をしよう

プラグインのインストールと有効化が完了したら、WordPressのサイドバーに「Throws Spam Away」のボタンが追加されているのでクリックしましょう。

上から主な設定を確認していきます。

「ダミーの入力項目を作成し、そこに入力があれば無視対象にする」というのは、スパムを自動で送りつけるようなプログラミングの場合、視覚的に見えなくても入力できる箇所があればそこに入力を実行します。

そういった入力がされた場合は、スルーの対象とするということです。

日本語の入力が無い場合にSPAMとみなす設定です。

なんとか日本語を表示させてSPAMを送ろうとされる場合に、記事のタイトルをコピペして送ろうとすることがあるのですが、タイトルは排除する設定になります。

日本語が入力されていないとSPAM扱いをしますという注意書きの設定です。デフォルトで設定されている内容で問題ないでしょう。

URLだけがたくさん貼りつけられて送られてくるようなコメントをスルーすることができます。

指定したキーワードが含まれている場合にコメントをスルーする設定になります。

他にもIPアドレスでブラックリスト、ホワイトリストを設定することもできます。

ホワイトリストに登録してあるIPアドレスからは、日本語が含まれていなくても受け付けるように設定できます。

また、データの保存設定などもすることができます。

日本語以外のSPAMをばっさり切れるが・・・

「Throws SPAM Away」を利用すれば、日本語の含まれていないものについてはあなたの元に届きませんので、海外からのSPAMをスルーすることができます。

しかし、海外から連絡が来る可能性のある場合は注意が必要かもしれません。

万が一にも海外から連絡がきてもいいように、お問い合わせ用のフォームをきちんと準備しておくことができれば、そちらからあなたに連絡が届くようにしておきましょう。

以下の記事がお役に立てるかもしれません。

SPAMが届くというのは些細なことかもしれませんが気にしなくて良いにこしたことはありません。「Throws SPAM Away」を利用すればバッサリとSPAMを切り落とすことができます。

利用してみられてはいかがでしょうか。