「Dynamic “To Top” Plugin」で簡単に戻るボタンを設置しましょう【ちょっとした気遣い】

WordPressで作られたサイトで、記事を下までスクロールして読んだ後にページのトップまで戻るのに、ワンクリックで戻ることができるボタンが設置されているのを見たことがあると思います。

PCのブラウザでサイトを閲覧していれば、多少のスクロールは苦ではありませんが、スマートフォンで長文の記事を読んだ後にトップまでスクロールするのは意外と面倒だったりしますので、戻るボタンはやはりあった方が良いでしょう。

WordPressで使用されているテーマに最初から戻るボタンが備えられている場合もありますが、最初から備えられていない場合は自分で設置することになります。

自分で設置するには少し知識が必要になりそうな戻るボタンですがWordPressのプラグイン「Dynamic “To Top” Plugin」を利用すれば、簡単に設置することができます。

外観の確認もしながら多少のデザイン変更をすることができるので便利です。

「Dynamic “To Top” Plugin」プラグインをインストールしよう

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「Dynamic “To Top” Plugin」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

設置方法はとてもシンプル

プラグインのインストールと有効化が完了したら、既に戻るボタンがページ上に設置されているはずです。

戻るボタンの動きやデザインを変更したい場合は、WordPressのサイドバーの外観より「To Top」をクリックしましょう。

「Behavior」より動き方を調整することができます。

「Scroll time」はトップページへ戻る動きのスピードを設定することができます。

「Fade-in distance」では、トップページからどのくらいスクロールされると戻るボタンが表示されるかを設定することができます。

「Easing」では、戻る動き方を選択することができるようです。

「Position」では、戻るボタンの設置場所を選択することができます。

「Prevent on mobile」では、スマートフォンなどで戻るボタンを表示させるかどうかを設定することができます。

「Appearance」で戻るボタンのデザインの設定をすることができます。

「Text version」にチェックを入れると矢印ではなく、戻るボタンに「戻る」や「トップに戻る」などのテキストを入れることができます。

他にもボタンの幅などの形状や色も変更することができます。

上部にプレビューが表示されるので、いろいろ試してしっくりくるものを作りましょう。

戻るボタンのテキストに「トップへ戻る」と入れる下のようなイメージになります。

戻るボタンはちょっとした気遣い

トップへの戻るボタンの設置はちょっとした気遣いではないでしょうか。

スマートフォンでの閲覧であればトップまでフリックするのは少し面倒だったりします。

戻るボタンの設置は、サイトの運営に絶対に必要なわけではないかもしれませんが、ユーザーにとってはあるとちょっと便利な機能です。

プラグイン「Dynamic “To Top” Plugin」であれば簡単に戻るボタンの設置をすることができます。

利用されてみてはいかがでしょうか。