パスワード管理はSKUID(スクイド)で簡単に【無料サービス】

今や日々のビジネスや生活の中でクラウドサービスを利用しない日は無いという人がほとんどではないでしょうか。

しかし、色々なクラウドサービスを利用するにあたってのパスワード管理・・・。

大変じゃないですか。

各サービスのIDとパスワードを全て頭の中に覚えおくって、なかなか難しいですよね。

常日頃から利用しているサービスであればある程度出来るのかもしれませんが、半年以上前とかになると・・・正直厳しいと思います。

だからって、なんでもかんでも全部のサービスで一つのパスワードを使いまわすのって・・・危険ですよね。

自分の利用している色々なサービスのIDパスワードを管理するのだけでも大変なのに、会社で社員のIDやパスワードを管理されている管理職の方や総務部の方、社内のITシステムを管理されている方にとっては、大きな課題となっておられるのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決してくれるのが・・・「SKUID(スクイド)」です。

アイコンは・・・イカさんですね。

SKUID(スクイド)のポイントをご覧ください。

SKUID(スクイド)はシングルサインオンを採用

複数のWEBサービスを利用するにあたって複数のID・パスワードを一元管理できます。また、各WEBサービスへのログインにあたっては個別ID・個別パスワードを入力することなく、SKUID(スクイド)へのログイン1つで完了します。

これで、パスワードの使い回しを避けることができますし、たまにしかログインしないサイトでもパスワードを再設定する手間がなくなります。

そしてこれらの設定は、各社員がすることもできますが、管理者が発行、管理することも可能です。万が一、退職した社員が在職時に利用していたグループウェアなどの社内の複数のWEBサービスを利用しようとしても、SKUID(スクイド)のアカウントを停止することで一度に対応可能です。

SKUID(スクイド)対応アプリケーションは4,000以上

SKUID(スクイド)の対応アプリケーションは国内・国外も合わせて4,000以上あります。ビジネスシーンでよく使われるサイボウズなどのグループウェアや各個人が使っているoffice365やevernoteなど、ほとんどのアプリケーション・WEBサービスに対応しています。

SKUID(スクイド)基本機能が無料

SKUID(スクイド)は登録できるアカウント数や利用するWEBサービス・アプリケーションの数に関係なく、基本無料でご利用頂けます。

SKUID(スクイド)のサービス提供をしているGMOグローバルサインはSSL電子証明書の認証局としてのサービス提供をしており、セキュリティサービスに力を入れているからこそ出来るサービスですね。

社内のご担当者様とされましても、まずは試しに使ってみてからでないと社内で採用するわけにはいきませんよね。このお試しに様々な費用がかかってしまっては、なかなか試すことができないでしょう。無料となればそんな悩みもありませんね。

さらに、サービス利用にあたって操作方法などでわからないことがあればサポートも無料で受けられるというところもかなり魅力です。WEBサービスなどにそんなに強くないという方にも安心して頂けますね。

SKUID(スクイド)はユーザー数に制限無し

SKUID(スクイド)は登録するアカウント数に制限がありません。無料で無制限にユーザーを登録することができます。ですので、将来的に管理するID・パスワードの数が増えていっても問題ありません。

SKUID(スクイド)は個人利用も可能

SKUID(スクイド)は法人向けサービスなのに個人での利用が可能です。

個人事業主として活動されている方ももちろん利用することができます。

個人向けのID・パスワードの管理サービスで無料で提供されているものは確かにありますが、サポートなどは期待できないものばかりです。

SKUID(スクイド)であれば、個人での登録であってもサポートを受けることができます。

まずはSKUID(スクイド)を導入してみましょう

ID・パスワードの管理に煩雑さを感じておられるのなら、まずは試しに導入してみましょう。

登録については90秒の入力でご利用を開始できるようです。