WOVN.ioを使ってホームページの多言語化をしよう【簡単にできる】

近年グローバル化のスピードはますます早くなっています。

日本に来られる海外からの観光客の数は年々増え、いろいろな場面において外国語への対応が必要になってきました。2020年のオリンピックも控え、本当にいろんな場所で外国語を目にするようになりましたね。

そして、ホームページにおいても外国語への対応が必要な時代が来ています。

特に、海外への展開を考えておられる企業様や、海外からの観光客などをターゲットにしようと考えておられるお店などでは、外国語への対応していくことは必須なのではないでしょうか。

それでは、今既に運営しているホームページに外国語のページを追加で作成しますか??

それは作業量にしても運営費用にしても、とても大きな負担になるのではないでしょうか。

WOVN.ioを利用すれば、大きな作業量を発生させることもなく運営コストを大幅に抑えて、外国語への対応ページを作成することができます。

このページでは、WOVN.ioの特徴についてについてまとめておきます。

ホームページを作りなおす必要がない

WOVN.ioは今運営されているホームページに、少しの編集を加えるだけで運用していくことができます。

様々なCMSに対応していますし、WOVN.ioのヘルプセンターでは非常に丁寧に編集フローを説明してくれているので、簡単に編集を完了できると思います。

また、WordPressで利用する場合はプラグインも準備されていますのでさらに簡単ですね。

しかし、無料のWEBサービスでホームページを運営されている場合は注意が必要です。無料会員の場合にはHTMLの編集ができない設定になっている場合が多いので、有料会員に切り替えないといけない場合があるかもしれません。ちゃんと確認をしておきましょう。

翻訳されたページの細かい訂正も可能

ホームページの内容を翻訳する方法として機械翻訳とプロ翻訳があり、無料で利用する場合は機械翻訳(上限30,000文字/1ヶ月)の利用になると思います。

機械翻訳をされているページに、ニュアンスが違うと感じる部分などがあれば、そこの部分だけを自分で編集するセルフ翻訳をすることもできます。

また、言語を切り替えた時に一部のコンテンツの内容を非表示にすることもできますし、翻訳された時の文字のレイアウトを変更させることもできます。

翻訳されたページを細かいところまで編集できるのはとても便利ですね。

対応言語は34か国語(2018/9/17時点)

以下の言語について翻訳対応してもらうことができます。

アラビア語
ブルガリア語
ビルマ語
中国語(簡体)
中国語(繁体)
デンマーク語
オランダ語
英語
フィンランド語
フランス語
ドイツ語
ギリシャ語
ヘブライ語
ヒンディー語
インドネシア語
イタリア語
日本語
韓国語
マレー語
ネパール語
ノルウェー語
ポーランド語
ポルトガル語
ロシア語
スペイン語
スウェーデン語
タイ語
トルコ語
ウクライナ語
ベトナム語
ベンガル語
ペルシア語
ウルドゥー語
スワヒリ語

メジャーな言語だけでなく、かなりマイナーな言語についてもフォローしてくれているようですね。日本から一部のエリアに向けたサービスを展開したい時にも利用できそうですね。

無料会員の場合は、公開することのできる言語数が3言語まで(元言語含まず)となっています。(例:元ページ日本語⇒+英語・+中国語・+スペイン語)

最新の対応言語については、WOVN.ioのヘルプセンターよりご確認ください。

ヘルプセンター>Wovn Technologies>マニュアル>翻訳について>対応言語

コンテンツ追加時の自動更新機能

ご自分で運営されているホームページに新たなコンテンツが追加された時に、自動で翻訳されたページを追加してくれる機能もあります。

更新する度に、対応させる言語分の編集を全部行っていくのは負担になると思います。自動更新機能はとても便利です。

自動でページを公開するかどうかや、既に翻訳されているページの元ページに編集がされた場合に自動翻訳をしてもらうかどうかなども設定することができます。

WOVN.ioを利用してホームページを多言語対応させよう

WOVN.ioを利用すれば、個人ブログから会社のホームページ、ECサイト、動的なコンテンツなどあらゆるWEBサービスを簡単に多言語対応をすることができます。

しかも、WOVN.ioでは無料で使い始めることができます。

利用してみられてはいかがでしょうか。