Whois情報公開代行の依頼をお忘れなく【手数料無料もある】

これから自分のホームページやネットショップを運営しようとされている方は、独自ドメインの取得を検討される方も多いと思います。

どんな独自ドメインにするか決まったら、早速購入の手続きに進んでいかれると思いますが、購入される際には「Whois情報公開代行」に関することも確認しておきましょう。

後述しますが、この「Whois情報公開代行」の手続きをしておかないと、ドメインの契約者自身の個人情報が簡単に知られてしまうことになります。

特に、個人で運営を検討されている場合などは、不必要に個人情報を公開したくはないものですよね。

このページではWhois情報の公開に関することと、Whois情報の公開を代行を無料で対応してくれるドメインの提供会社も紹介します。

Whois情報とは

どんな情報が含まれるか

ドメインの所有者に関する情報が公開されてしまうというWhois情報には具体的にどのような情報がはいっているか知っておきましょう。主に以下の情報が記載されています。

・登録者

・有効期限

・担当者名

・メールアドレス

・住所

・電話番号

個人名や住所、電話は不必要に公開したくない情報ですよね。

なぜ公開することになっているか

インターネットを介してトラブルが発生してしまった場合に、連絡先を公開しておくことで問題を解決できるようにしておくためのようです。

ICANN(Internet Corporation For Assigned Names and Numbers)という機関よりそのようにすることが義務付けられているのです。

Whois情報は誰でも検索できる

ネット上でトラブルが起こった場合に、問い合わせ窓口を公開しておくという目的があることから、このWhois情報は誰でも検索できるようになっています。

つまり、先ほどのWhois情報に含まれる情報は誰にでも調べることができるということです。

個人でなるべく匿名でホームページの運営をしたいという方にはなるべく避けたい事態ですよね。

Whois情報公開代行を利用しよう

Whois情報の公開を代行とは

独自ドメインでホームページやネットショップの運営はしたいけど、運営者情報を不必要に公開したくない!という方のために、ドメインを提供している会社ではWhois情報として公開する内容に、その提供会社の情報を代理で使わせてくれるサービスを提供してくれています。

当ホームページのWhois情報も公開の代行をお願いしています。

手続きはたいていの場合、ドメインの申し込み時に「Whois情報公開代行」と書かれたチェックボックスにチェックを入れるだけです。

※注意点※

ドメインによってはWhois情報公開代行の対象になっていないドメインが存在します。

代行を無料でしてくれる会社一覧

ドメインを提供している会社によっては、この「Whois情報公開代行」について手数料が必要になる会社もあります。

以下の会社ではWhois情報公開代行を無料で提供してくれています。(2018/9/7時点)

ムームードメイン

エックスドメイン

スタードメイン

お名前.comゴンベエドメインでは現状「Whois情報公開代行」は原則有料になっているようなので気を付けておきましょう。

個人的には、サーバーはロリポップ!を利用していることから連携のとれるムームードメインを利用しています。


Whois情報のうっかり注意

Whois情報には個人情報が豊富に含まれています。不必要に公開しておいてあまり良いことはないと思われます。

うっかりして公開代行の依頼を忘れてしまうことのないようにしましょう。

そして、費用面の話についてですが、Whois情報公開代行の費用は結構重くのしかかってくるケースもあります。注意しておきましょう。

ドメインの取得にあたっては初期費用だけでなく、更新時の費用も検討しておきましょう。比較した記事をご確認ください。