「MapPress Maps for WordPress」で簡単にシンプルな地図を記事に挿入しよう【Google API不要】

WordPressで公開する投稿記事や固定ページなどで、地図を挿入する必要があるというケースはよくあるのではないでしょうか。

記事でカフェやショップを紹介する時や自社の会社概要に地図を付ける場合など、地図のキャプチャを貼りつけても良いかもしれませんが、できればそのまま「Google maps」のルート検索などのできる画面に飛ぶことができるような地図を挿入できた方が良いですよね。

WordPressのプラグイン「MapPress Maps for WordPress」を利用すれば簡単に地図を挿入することができます。

地図を挿入するプラグインで「Google maps」と連携をさせる際には「Google maps」のAPIキーが必要になりますが、「MapPress Maps for WordPress」は「Google maps」以外の地図を利用することができるのでAPIキーを取得せずに使うことができます。

「MapPress Maps for WordPress」プラグインをインストール

プラグインのインストールは簡単です。

WordPressのダッシュボードのメニューよりプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグインの検索欄に「MapPress Maps for WordPress」と入力し検索します。

下記のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了しましたら「有効化」するのも忘れないようにしましょう。

事前の設定もほとんど不要

プラグインのインストールと有効化が完了したら、WordPressサイドバーに「MapPress」という項目が追加されているので、クリックしましょう。

「基本設定」の項目では「Mapping Engine」を選択することができますが、「Google」を選択すると「Google maps」のAPIキーが必要になるので、今回は「Leaflet」のままで設定しておきます。

「マップ設定」では、地図を表示させる「投稿タイプ」などを選ぶことができますが、デフォルトの設定のままで大丈夫でしょう。

「ローカライズ」では表示される地図の表示言語を選ぶことができるので、「言語」の項目はプルダウンで「ja」(日本語)を選んでおきましょう。

「変更を保存」をクリックして設定を保存しましょう。

地図の挿入方法も簡単

地図の挿入方法もとても簡単です。

投稿画面のエディタの下に「MapPress」という項目が追加されているので、「新規マップ」をクリックして挿入する地図の設定を行いましょう。

「マップタイトル」を入力して、表示させたい場所を「Search」に入力しましょう。

地図の場所の入力して「保存」をクリックすると「マップID」が発行されます。

地図を表示させたい箇所で「記事へ挿入」をクリックすると「マップID」の含まれたショートコードが挿入されます。

ショートコードの挿入された場所に地図が表示されます。

「ルート・乗換案内」をクリックすると「Google Maps」のルート検索に切り替えることができます。

PCブラウザであれば別にタブが開きますし、スマートフォンなどの端末であればアプリが起動しますのでとても便利です。

ただし、レスポンシブデザインではないため、スマートフォンなどで地図を確認すると少しはみ出すケースがあるという点は気にしておいた方が良いかもしれません。

シンプルなマップをAPIなしで楽々挿入

プラグイン「MapPress Maps for WordPress」を利用すればシンプルなマップを「Google maps」APIなしで簡単に挿入することができます。

「Google maps」のAPIの取得は全然難しいものではありませんが、使用頻度が限られていてさっさと使いたいという場合はこのプラグインが良いかもしれません。

レスポンシブではない点は気を付けておきましょう。